2015/08/21 03:05:21 |

私は最近乳酸菌に興味を覚えています。色々と個人的な事情があり、ちょっとお腹の調子を改善したいと計画しているのですね。少なくとも半年後には、お腹の調子が万全に解決されているのが望ましいです。まだしばらく時間がかかると思いますが。
それで私は最近乳酸菌の商品を色々検索しているのですが、ちょっと面白いことに気が付きました。ペットです。

 

人間よりペットの乳酸菌のサプリの方が人気がある

 

私が乳酸菌の商品を検索している方法なのですが、WEB媒体なのですね。いわゆる通信販売サイトを用いて、購入する事を考えています。
そしてそのサイトを用いると、様々なメーカーの商品を検索する事ができるのですね。検索窓が設置されていて、そこに乳酸菌というキーワードを入力すれば、様々な商品が出てくる訳です。いわゆる検索エンジンと同じ要領ですね。

 

それで先日私が乳酸菌の商品を色々調べていたところ、1つ気が付いたのです。ペットに関連する商品が、案外と多いのですね。
実は乳酸菌の服用を考えているのは、人間だけではありません。ペットに対して、その菌類が効果を発揮してくれる事があるのですね。

 

考えてみれば、そもそも人間は哺乳類です。そして同じ哺乳類なのですから、乳酸菌がそのペットのお腹を改善してくれる事も多々あります。その関連商品が、上記の通信販売サイトに多く登録されていました。

 

そしてそのペットのための乳酸菌の商品が、上位表示される事が非常に多いのです。レビューの件数が多い順に並びかえをしてみたところ、ペットに対する商品が上になっているのですね。逆に人間向けの商品は、あまり順位が高くありません
>>乳酸菌と乾燥肌

 

その事実が示すのは、やはりペットに対する需要の多さでしょう。確かに人間が乳酸菌のサプリを購入している事も多いのですが、順位が上記のようになっている以上は、やはりペットに対する需要がかなり多いことだけは確実ですね。そうでなければ、そもそもその順位が上になる事も考えづらいです。

 

それにしても、ちょっと意外ですね。てっきり人間が乳酸菌の商品を購入している事が多いと思い込んでいたのですが、通信販売サイトの検索結果によってその思い込みが裏切られた形になります。
そしてペットに対する乳酸菌の商品は、確かに飼い犬や飼い猫などの体調を改善している事が多いようです。前述の通信販売サイトで口コミを見てみると、それをよく実感できると思うのですが。もしもペットの体調が悪いようであれば、通信販売サイトで勝ってあげると良いかもしれませんね。

2015/07/28 22:48:28 |

本日私は、あるコンビニにて商品を購買しました。購買したのは乳酸菌に関わる商品ですね。LG21と呼ばれる乳酸菌が入っている、ヨーグルトを買ったのです。私がそれを飲んでからしばらく時間が経過していますが、ちょっと胃の調子が良くなったかもしれません。

 

 

私がLG21を購入した理由

 

 

そもそもなぜ私がその商品を購入したかと言うと、インターネットで調べた情報に興味を持ったのです。ちょっと最近色々とお腹の具合が良くないので、何か良いものはないだろうかとネットで検索をしていたのですね。

 

ある時に、上記のLG21というものを見かけました。その乳酸菌の特徴なのですが、胃の中で活躍してくれる可能性を秘めているのです。

 

多くの乳酸菌は、胃酸で溶けてしまう傾向があります。それで大腸や小腸などに届かない事が多いのですね。しかしLG21というタイプの場合は、むしろ胃に対してポジティブな効果が見込めると分かったのです。

 

がん細胞に対して働きかけてくれる役割も期待されていますので、私はちょっと興味を持ってコンビニでLG21入りのヨーグルトを購入してみた訳です。

 

 

LG21を摂取した後の私の状況

 

 

そしてLG21を摂取してから、すでに数時間が経過しています。私は、本日は胃の調子が良いと感じていますね。普段であれば、食事はあまり胃の調子が良くありません。むしろ胃もたれを起こしてしまう事が多いですね。

 

しかし本日の私の場合は、それもありません。むしろ胃の中がすっきりとしている感覚を覚えていますので、恐らくLG21が活躍をしてくれているのだと思います。

 

これはとても良い傾向だと思いますね。ただ即効性があるものではないという話も聞いています。ちょっと1ヶ月ほどは、この乳酸菌を試してみようかなと考えている次第です。

 

出典:忙しい方のための善玉菌増やし方講座

2015/07/28 22:48:28 |

腸内環境を整えてあげるためには、そこで生息している菌のバランスを考えてあげる必要があります。腸内には、主に3種類の菌が生息しています。善玉菌と悪玉菌と日和見菌です。その酸種類の菌のバランスを意識するだけでも、体調の改善が見込めるケースがしばしばあります。

 

 

悪玉と善玉の割合によって変化する日和見菌

 

 

134107まず3つの菌の中でもっとも多いのは、日和見菌です。善玉菌でもなく、悪玉菌でもありません。

 

ところでその日和見菌は、2つの菌のバランスによって性質が変化します。お腹の中に多くの善玉菌が生息していれば、日和見菌は善玉に傾きやすくなります。悪玉菌が多ければ、逆の状況になる訳ですね。

 

例えば善玉菌が25で悪玉菌が10だとします。明らかに善玉菌の方が多いですね。と言う事は日和見菌としては、善玉菌の方に傾こうとする傾向があるのです。善玉菌が増えてくれれば、もちろんお腹の中はポジティブな状態になります。逆に善玉菌が8で悪玉菌が15ならば、日和見菌は悪玉に傾きがちになってしまいます。

 

 

善を増やし悪を減らすよう試みる

 

 

134110このためお腹の中の調子を整えてあげるためには、まず善玉菌の割合を増やそうと考える必要があるでしょう。そのためには乳酸菌などを摂取するのも1つの方法ですね。

 

乳酸菌の死骸などは、善玉菌のエサになる事が多いからです。現にそのようなサプリメントもありますので、試してみるのも1つの方法でしょう。

 

逆に悪玉菌の数を減らそうと試みるのも、1つの方法ですね。悪玉菌が減ってくれれば、もちろん日和見菌が善に傾いてくれるからです。

 

[warning]このようにお腹の中にある菌の割合を色々と考えてあげると、体調も変化してくると言われています。基本的には「善玉を増加させ悪玉を減らす」という考え方で良いと思います。[/warning]

2015/07/28 22:47:28 |

お腹の中の環境が悪くなってしまっている方々は、色々な症状でお悩みです。その中には、かなり深刻なレベルのものもあります。
例えば、便秘と下痢を繰り返しているような方々です。それはかなり深刻度が高いと考えて良いでしょう。

 

便秘と下痢の繰り返しの症状と大腸検査

 

例えばある方は、普段から酷い便秘でお悩みのようです。なかなかお通じが出てこないので、お腹が張って仕方が無いのですね。

 

その症状自体はよく見られるものなのですが、問題はその後に下痢になってしまう点です。その方の場合は、お通じが来る頻度が1週間に1回程度なのだそうです。1週間に1回というのは、かなりのレベルですね。ひどい方でも3日や4日に1回というレベルにもかかわらず、1週間に1回という頻度になっている訳ですから、お腹の状態がかなり悪くなっている事だけは確実でしょう。
ちなみに大腸ガンを患っている方々なども、そのような症状に苦しんでいる事があります。何回もトイレに駆け込んでしまっている方々も、少なくないのですね。

 

ですので下痢と便秘が繰り返し来ているような方は、ちょっと注意を要するでしょう。一般的にそのような状態になっている時には、大腸検査を検討するべきです。お腹の中が荒れているかどうかを確認するためには、やはり病院などで検査をしてもらう方が無難だからです。

 

しかし残念ながら、大腸検査はかなり体に対して負担が大きいのですね。私も以前にその検査を受けた事があるのですが、あれは今なおトラウマになっています。何と言っても、2リットルの下剤を飲むのが大変ですね。あの味覚は、正直かなり閉口するものがあります。しかもその検査が終わった後はお尻が痛くなるので、なおさら大変と言えるでしょう。
そのような重大な検査は、誰しも避けたいと思うのが自然な発想です。

 

辛い検査を避けられるビフィーナ

 

ところでビフィーナという商品を利用すると、その検査を回避できる事があります。ビフィーナはいわゆる乳酸菌関連の商品の1つなのですが、それでお腹の状態がだいぶ治った事例があるのです。
以前にある方も、上記のような便秘と下痢の繰り返しでお悩みでした。それでビフィーナを服用してみた結果、だいぶその症状が治っていたようなのですね。
上記の検査はかなり負担が大きいものですが、ビフィーナを服用するとそれを回避できる事もある訳です。ですので便秘と下痢の繰り返しで悩んでいるのであれば、ちょっとビフィーナを服用する事を考えてみると良いでしょう。